分かりやすく、使いやすく。

R1C1 形式で範囲を指定する方法

スポンサーリンク

Excel VBA で範囲を指定する際に、行番号や列番号などを使用して指定する方法です。 R1C1 形式で範囲指定すれば、ループ処理などの際にループカウンターをそのまま行番号や列番号として使用できるので、コーディングに何かと便利です。

  1. 単一セルを選択する方法
  2. セルからセルまでの範囲を選択する方法
  3. 列を選択する方法( 1 列)
  4. 列を選択する方法(複数列)
  5. 行を選択する方法( 1 行)
  6. 行を選択する方法(複数行)


単一セルを選択する方法

単一セルを R1C1 形式で指定するには Cells プロパティを使用します。 Cells プロパティの 1 個目の引数には行番号を、 2 個目の引数には列番号を記述します。

VBA(実行可能なサンプルコード)
1
2
3
4
5
6
7
Option Explicit
 
Sub test()
  ' 次のコードは 2 行 4 列目( = D2 )セル選択します。
  Cells(2, 4).Select
 
End Sub 

セルからセルまでの範囲を選択する方法

あるセルからあるセルまでの範囲を R1C1 形式で指定するには、Range の 1 個目に左上のセルを Cells プロパティで指定し、 2 個目に右下のセルも Cells プロパティで指定します。

VBA(実行可能なサンプルコード)
1
2
3
4
5
6
7
Option Explicit
 
Sub test()
  ' 次のコードは A1:E5 の範囲を選択します。
  Range(Cells(1, 1), Cells(5, 5)).Select
 
End Sub 

列を選択する方法( 1 列)

列を R1C1形式で指定するには Columns プロパティを使用します。

VBA(実行可能なサンプルコード)
1
2
3
4
5
6
7
Option Explicit
 
Sub test()
  ' 次のコードは C 列を選択します。
  Columns(3).Select
 
End Sub 

列を選択する方法(複数列)

R1C1形式で複数列を指定するには 、 Range プロパティの引数に Columns プロパティを指定します。

VBA(実行可能なサンプルコード)
1
2
3
4
5
6
7
Option Explicit
 
Sub test()
  ' 次のコードは C ~ F 列を選択します。
  Range(Columns(3), Columns(6)).Select
 
End Sub 

行を選択する方法( 1 行)

行を R1C1形式で指定するには Rows プロパティを使用します。

VBA(実行可能なサンプルコード)
1
2
3
4
5
6
7
Option Explicit
 
Sub test()
  ' 次のコードは 5 行目を選択します。
  Rows(5).Select
 
End Sub 

行を選択する方法(複数行)

R1C1形式で複数行を指定するには 、 Range プロパティの引数に Rows プロパティを指定します。

VBA(実行可能なサンプルコード)
1
2
3
4
5
6
7
Option Explicit
 
Sub test()
  ' 次のコードは 5 ~ 10 行目を選択します。
  Range(Rows(5), Rows(10)).Select
 
End Sub 
スポンサーリンク