分かりやすく、使いやすく。

フォルダを中身を含めてコピーする方法

スポンサーリンク

PowerShell でフォルダを中身を含めてコピーするには Copy-Item コマンドレットを使用します。 Copy-Item は -recurse オプションを指定することで、中身のファイルやサブフォルダを全てコピーします。

サンプルコードは次の通りです。

PowerShell(実行可能なサンプルコード)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
# コピー元のフォルダのパス
$str_copy_from = 'C:\temp\ps_test\ログフォルダ'
 
# コピー先のフォルダのパス
$str_copy_to   = 'C:\temp\ps_test\ログフォルダ_BKP'
 
if(Test-Path $str_copy_to){
  # コピー先のパスにファイルやフォルダが存在する場合は処理を中止。
  Write-Host ($str_copy_to + 'には既にファイル又はフォルダが存在します。');
}else{
  # フォルダを中身を含めてコピーする。
  Copy-Item $str_copy_from -destination $str_copy_to -recurse
  Write-Host ($str_copy_from + 'を' + $str_copy_to + 'にコピーしました。');
} 

上記のコードでは、コピー先に同名のファイルやフォルダが存在している場合に処理を中止し、存在しない場合のみコピーを行います。

スポンサーリンク