分かりやすく、使いやすく。

PHPExcel をダウンロードしてインストールする

スポンサーリンク

PHP から Excel ファイルを操作できるようになる PHPExcel というライブラリのダウンロードからインストールまでを手順を追って説明します。

  1. PHPExcel のダウンロード
  2. PHPExcel のインストール
  3. PHPExcel の動作確認


PHPExcel のダウンロード

PHPExcel という無料のライブラリをダウンロードして称することで、PHP で Excel ファイルを読み書きできるようになります。

PHPExcel は以下の URL からダウンロード可能です。

http://phpexcel.codeplex.com/releases/view/119187

リンク先の RECOMMENDED DOWNLOAD のリンクからダウンロードします。

PHPExcelのダウンロード

ファイルは ZIP 形式で圧縮してあります。

PHPExcel のインストール

解凍すると以下のようにいくつかファイルが展開されます。これらのファイルを任意のフォルダに格納すればインストール完了です。

PHPExcelの解凍後

PHP で実際に呼び出すファイルは Classes の中にまとめられています。使用時はこのフォルダ内にある PHPExcel.php を require します。

PHPExcel の動作確認

解凍して PHPExcel を好きな場所に配置したら、以下のサンプルコードを実行すると test.xlsx というファイルが生成されます。

サンプルコードの require_once のパスは PHPExcel を格納したパスを指定してください。

php(実行可能なサンプルコード)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
//PHPExcelの読み込み
require_once("./Classes/PHPExcel.php");
 
$obj_excel = new PHPExcel();
 
//Excel2007形式(xlsx)のライターを作成
$writer = PHPExcel_IOFactory::createWriter($obj_excel, "Excel2007");
 
//ファイル出力
$writer->save('test.xlsx'); 
スポンサーリンク