分かりやすく、使いやすく。

ファイルの内容を1行ずつ読み込む方法

スポンサーリンク

VBScript でファイルの内容を1行ずつ読み込むには TextFile オブジェクトの ReadLine メソッドを使用します。

サンプルコードは次の通りです。

VBScript(実行可能なサンプルコード)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
Option Explicit
 
Dim objFileSys
Dim strReadFilePath
Dim objReadStream
Dim strLine
 
'対象のファイルのパスを指定
strReadFilePath  = "c:\temp\売上リスト.txt"
 
'ファイルシステムを扱うオブジェクトを作成
Set objFileSys = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
 
'ファイルを読み取り専用で開き、TextStream オブジェクトを取得
Set objReadStream  = objFileSys.OpenTextFile(strReadFilePath, 1)
 
Do Until objReadStream.AtEndOfLine = True
  '1 行読み込み
  strLine = objReadStream.ReadLine
  
  'ここに読み込んだ行を処理するコードを記述
  '以下のコードはGUI起動すると、ファイルの内容を行数分だけ
  'MsgBox を表示するので、コメントアウトしています。
  'WScript.Echo strLine
Loop
 
objReadStream.Close
 
Set objFileSys = Nothing   

1 行ずつ読み込んで別ファイルに処理結果を書き込むサンプルコードについてはCSV ファイルを TSV ファイルや他の区切り文字列に変換する方法を参照してください。

1 行ずつではなくファイルの内容を一括で 1 つの文字列として読み込むサンプルコードについてはファイルの内容を1つの文字列として一括で読み込む方法を参照してください。

スポンサーリンク