分かりやすく、使いやすく。

タブや改行を文字列値に含める方法

スポンサーリンク

PowerShell でタブや改行を文字列値に含めるには、文字列をダブルクオテーション ( " ) で囲んだ上でエスケープシーケンスを使用します。

エスケープシーケンス 意味
`t タブ
`r`n 改行コード ( CRLF )

通常、Windows で使用するテキストの改行には CR と LF の両方を含むので `r`n の両方を記述しますが、他のプラットフォームとやり取りする等の理由で CR だけとか LF だけにしたい場合は `r ( CR ) や `n ( LF ) を個別に記述することもできます。

PowerShell(実行可能なサンプルコード)
1
2
3
4
5
6
7
8
$val = "ここに→`t←タブが入ります"
 
Write-Host $val
 
# Windows で改行の場合は通常 `r`n
$val = "1行目`r`n2行目`r`n3行目"
 
Write-Host $val 

ちなみにヒアドキュメントを使用すれば、エスケープシーケンスを使用しないでも改行を含めることができます。

PowerShell(実行可能なサンプルコード)
1
2
3
4
5
6
7
$val = @"
ヒアドキュメントの中では
改行を自由に文字列値に
含めることができます。
"@
 
Write-Host $val 

ヒアドキュメントの使い方についてはヒアドキュメントを使って複数行を 1 つの文字列にするを参照してください。

スポンサーリンク