分かりやすく、使いやすく。

ファイルを内容を1つの文字列として読み込む

スポンサーリンク

PHP では file_get_contents 関数を使用すると、ファイルの内容を 1 つの文字列に格納することができます。

  1. ローカルファイルの読み込み
  2. Webページの読み込み
  3. エラーメッセージを表示させないようにする方法


ローカルファイルの読み込み

ファイルを1つの文字列として読み込むには file_get_contents を使用します。

例えば test.txt を読み込む場合は次のように第1引数にファイル名を指定します。

php(実行可能なサンプルコード)
1
2
3
$str_file_contents = file_get_contents('test.txt');
 
print_r($str_file_contents); 

file_get_contents では、改行コードもすべて連結してファイルの内容を一つの文字列として読み込みます。1行ずつ分割して配列したい場合は、読み込んだ後に改行コードで explode するか、file_get_contents ではなく file を使用します。

参考:ファイルを配列として読み込む

Webページの読み込み

ちなみにファイルはローカルのものだけではなく、Web上のファイルも指定可能です。

例えば、Web サイトをスクレイピングしたい場合は、第1引数に読み込む URL を読み込めば、 HTML のソースコードを読み込むことが可能です。

php(実行可能なサンプルコード)
1
2
3
$str_file_contents = file_get_contents('http://www.yahoo.co.jp/');
 
print_r($str_file_contents); 

エラーメッセージを表示させないようにする方法

Webページを読み込む場合、先方のサーバーの都合などでページが読み込めずエラーや警告が発生することがあります。もしそうしたエラーや警告を画面上に表示したくない場合は、エラー制御演算子の @ を使用してエラーや警告を無視するようにできます。

php(実行可能なサンプルコード)
1
2
3
4
//@ を付加することで読み込みエラーが発生しても、エラーメッセージを表示しません。
$str_file_contents = @file_get_contents('http://error/');
 
print_r($str_file_contents); 
スポンサーリンク