分かりやすく、使いやすく。

フォルダ内のファイル数を取得する方法

スポンサーリンク

VBScript で特定のフォルダ内に存在するファイルやフォルダの数を取得するには Files コレクションや Folders コレクションの Count プロパティを使用します。

VBScript(書式)
1
2
3
4
5
6
7
'上記を合算すればフォルダ内のすべてのファイルの数(フォルダ含む)を取得できます。
 
'ファイルの数を取得(フォルダは除く)
フォルダオブジェクト.Files.Count
 
'フォルダの数を取得
フォルダオブジェクト.SubFolders.Count 

c:\temp フォルダ内のファイル数を取得するサンプルコードは次の通りです。

VBScript(実行可能なサンプルコード)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
Option Explicit
 
Dim strTargetFolderPath
Dim objFileSys
Dim objFolder
Dim objFile
 
'ファイルシステムを扱うオブジェクトを作成
Set objFileSys = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
 
'調査対象のフォルダを指定する
strTargetFolderPath = "c:\temp"
 
'フォルダオブジェクトを取得
Set objFolder = objFileSys.GetFolder(strTargetFolderPath)
 
'ファイルの数を表示(フォルダは除く)
MsgBox objFolder.Files.Count
 
'フォルダの数を表示
MsgBox objFolder.SubFolders.Count
 
'ファイル+フォルダの数を表示
MsgBox objFolder.Files.Count + objFolder.SubFolders.Count 
スポンサーリンク