分かりやすく、使いやすく。

ファイルやフォルダが存在するかを確認する方法

スポンサーリンク

PowerShell でファイルやフォルダが存在するかを確認するには、 Test-Path コマンドレットを使用します。ファイルやフォルダのパスにはワイルドカードを使用することも可能です。

PowerShell(書式)
1
Test-Path "対象のファイルやフォルダのパス" 
  1. ファイルやフォルダを個別に確認する
  2. パスにワイルドカードを指定して確認する


ファイルやフォルダを個別に確認する

以下のサンプルコードでは、 d:\temp\test.txt の存在を確認しています。

PowerShell(実行可能なサンプルコード)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
# d:\temp\test.txt が存在するかを確認
$result = (Test-Path "d:\temp\test.txt")
 
if($result){
    #ファイルが存在する場合はこちらが実行されます。
    Write-Host "ファイルは存在します。"
}else{
    #ファイルが存在しない場合はこちらが実行されます。
    Write-Host "ファイルは存在しません。"
} 

フォルダを指定した場合も同じように動作します。

PowerShell(実行可能なサンプルコード)
1
2
3
4
5
6
7
8
# d:\temp\test フォルダが存在するかを確認
if(Test-Path "d:\temp\test"){
    #フォルダが存在する場合はこちらが実行されます。
    Write-Host "ファイルは存在します。"
}else{
    #フォルダが存在しない場合はこちらが実行されます。
    Write-Host "ファイルは存在しません。"
} 

パスにワイルドカードを指定して確認する

Test-Path はパスに * を使用することで、ワイルドカード指定することもできます。以下のサンプルコードでは、 d:\temp フォルダ内に .txt の拡張子をもつファイルがあるかを確認しています。

PowerShell(実行可能なサンプルコード)
1
2
3
4
5
6
7
8
# d:\temp\test フォルダに 拡張子 txt のファイルが存在するかを確認
if(Test-Path "d:\temp\*.txt"){
    #ファイルが存在する場合はこちらが実行されます。
    Write-Host "ファイルは存在します。"
}else{
    #ファイルが存在しない場合はこちらが実行されます。
    Write-Host "ファイルは存在しません。"
} 
スポンサーリンク