分かりやすく、使いやすく。

ファイルの内容を1つの文字列として一括で読み込む方法

スポンサーリンク

VBScript でファイルの内容を1つの文字列として一括で読み込むには、 TextStream オブジェクトの ReadAll メソッドを使用します。

この方法だとファイルのサイズが大きい場合、メモリを大量に消費する為、大きいファイルを扱う場合はファイルの内容を1行ずつ読み込む方法で実装した方が良いです。

ファイルの内容を1つの文字列として一括で読み込むサンプルコードは次の通りです。

VBScript(実行可能なサンプルコード)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
Option Explicit
 
Dim objFileSys
Dim strFilePath
Dim strFileContents
Dim objReadStream
 
'対象のファイルのパスを指定
strFilePath = "c:\temp\売上リスト.txt"
 
'ファイルシステムを扱うオブジェクトを作成
Set objFileSys = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
 
'ファイルを読み取り専用で開き、TextStream オブジェクトを取得
Set objReadStream = objFileSys.OpenTextFile(strFilePath, 1)
 
'ファイルの内容を1つの文字列として一括読込
strFileContents = objReadStream.ReadAll
 
'読み込んだファイルの内容を表示
'改行も全て含まれる
WScript.Echo strFileContents
 
objReadStream.Close
Set objFileSys = Nothing   
スポンサーリンク