分かりやすく、使いやすく。

ファイルの内容を表示する方法

スポンサーリンク

コマンドプロンプト( DOS のバッチファイル)でファイルの内容を全て表示する(標準出力へ出力する)には、 TYPE を使います。

test.txt というテキストファイルの内容を表示するサンプルコードは次の通りです。

DOSコマンド
1
TYPE test.txt 

実行結果は次の通りです。

D:\temp>TYPE test.txt
test.txt のファイルの内容 

引数にはワイルドカードの * を指定することもできます。例えば、test*.txt と指定すれば、test1.txt、test2.txt、test3.txt などパターンに一致するファイルの内容をまとめて表示することができます。

DOSコマンド
1
TYPE test*.txt 

実行結果は次の通りです。

D:\temp>TYPE test*.txt
 
test1.txt
 
 
test1.txt のファイルの内容
test2.txt
 
 
test2.txt のファイルの内容
test3.txt
 
 
test3.txt のファイルの内容 

このワイルドカード指定の方法を利用して複数のファイルをマージして1つにすることもできます。その方法についてはテキストファイルをマージして1個にする方法のページを参照してください。

スポンサーリンク