分かりやすく、使いやすく。

配列を結合して CSV や TSV などの文字列にする方法

スポンサーリンク

VBScript で配列を結合して CSV や TSV などの文字列にするには Join 関数を使用します。Join 関数は第 2 引数で結合する文字列を指定できるので、ここを変更することで CSV(カンマ区切り)や TSV(タブ区切り)、パイプ(|)区切りなどの文字列に変換することができます。

VBScript(書式)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
'基本書式
Join(配列, 結合する文字列)
 
'CSVにする場合
Join(配列, ",")
 
'TSVにする場合
Join(配列, vbTab)
 
'パイプ区切りにする場合
Join(配列, "|")
 
'改行して結合することもできます。
Join(配列, vbCrLf) 

実際のサンプルコードは次の通りです。

VBScript(実行可能なサンプルコード)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
Option Explicit
 
Dim aryNames
Dim strJoined
 
aryNames = Array( "太郎" _
                , "次郎" _
                , "三郎" _
                )
 
'■CSV
strJoined = Join(aryNames, ",")
 
'「太郎,次郎,三郎」と表示
MsgBox strJoined
 
 
'■TSV
strJoined = Join(aryNames, vbTab)
 
'「太郎    次郎    三郎」と表示
MsgBox strJoined
 
 
'■パイプ区切り
strJoined = Join(aryNames, "|")
 
'「太郎|次郎|三郎」と表示
MsgBox strJoined
 
 
'■改行
strJoined = Join(aryNames, vbCrLf)
 
'「太郎
'  次郎
'  三郎」と表示
MsgBox strJoined 
スポンサーリンク