分かりやすく、使いやすく。

新しいブックを作成して保存する方法

スポンサーリンク

エクセル VBA で新規エクセルファイルを作成するには、 Workbooks.Add を実行します。 Workbooks.Add は新規ブックの作成を行うとともに、戻り値としてそのファイルへの参照を返します。その戻り値を受け取って SaveAs メソッドを実行することでファイルに任意の名前を付けて保存することができます。

尚、マクロを実行しているファイルのフォルダのパスを取得するには、 ThisWorkbook.Path を使用します。

サンプルコードは次の通りです。

VBA(実行可能なサンプルコード)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
Option Explicit
 
Public Sub createExcelFileTest()
    Dim newBookName As String
    Dim newBookPath As String
    Dim newBook As Workbook
    
    '新しいファイルの名前を指定
    newBookName = "test.xlsx"
    
    '新しいファイルのフルパスを設定
    newBookPath = ThisWorkbook.Path & "\" & newBookName
    
    '指定したパスにファイルが作成済でないかを確認。
    If Dir(newBookPath) = "" Then
        '新しいファイルを作成
        Set newBook = Workbooks.Add
        
        '新しいファイルをVBAを実行したファイルと同じフォルダ保存
        newBook.SaveAs newBookPath
    
    Else
        '既に同名のファイルが存在する場合はメッセージを表示
        MsgBox "既に" & newBookName & "というフォルダは存在します。"
    
    End If
End Sub 

上記コードを実行すると、 VBA を実行したファイルが格納されているフォルダに「test.xlsx」というファイルが作成されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク