分かりやすく、使いやすく。

yyyymmdd 形式の文字列で現在日付を取得する方法

スポンサーリンク

VBScript でシステム日付を取得し、 yyyymmdd 形式や yyyymmddhhmmss 形式の文字列にする方法を説明します。この文字列はログファイルの名前などでよく使われます。

ちなみにシステム日付は Now 関数で取得します。

  1. yyyymmdd 形式で現在日付を取得する方法
  2. yyyymmddhhmmss 形式で現在日時を取得する方法


yyyymmdd 形式で現在日付を取得する方法

VBScript で yyyymmdd 形式の現在日付を取得するサンプルコードです。

VBScript(実行可能なサンプルコード)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
Option Explicit
 
Dim strFormattedDate
 
'yyyy/mm/dd hh:mm:ss 形式の文字列で現在日時を取得
strFormattedDate = Now()
 
'yyyy/mm/dd hh:mm:ss から yyyy/mm/dd 部分のみ抽出
strFormattedDate = Left(strFormattedDate, 10)
 
'yyyy/mm/dd から / を削除
strFormattedDate = Replace(strFormattedDate, "/", "")
 
'yyyymmdd 形式の文字列をダイアログに表示
MsgBox strFormattedDate 

上記の処理は以下のようにまとめて書くこともできます。

VBScript(実行可能なサンプルコード)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
Option Explicit
 
Dim strFormattedDate
 
'yyyymmdd 形式で現在日付を取得
strFormattedDate = Replace(Left(Now(),10), "/", "")
 
'yyyymmdd 形式の文字列をダイアログに表示
MsgBox strFormattedDate 

yyyymmddhhmmss 形式で現在日時を取得する方法

VBScript で yyyymmddhhmmss 形式の現在日付を取得するサンプルコードです。

VBScript(実行可能なサンプルコード)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Option Explicit
 
Dim strFormattedDate
 
'yyyy/mm/dd hh:mm:ss 形式の文字列で現在日時を取得
strFormattedDate = Now()
 
'yyyy/mm/dd hh:mm:ss から / を削除
strFormattedDate = Replace(strFormattedDate, "/", "")
 
'yyyy/mm/dd hh:mm:ss から : を削除
strFormattedDate = Replace(strFormattedDate, ":", "")
 
'yyyy/mm/dd hh:mm:ss からスペースを削除
strFormattedDate = Replace(strFormattedDate, " ", "")
 
'yyyymmddhhmmss 形式の文字列をダイアログに表示
MsgBox strFormattedDate 

上記の処理は以下のようにまとめて書くこともできます。

VBScript(実行可能なサンプルコード)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
Option Explicit
 
Dim strFormattedDate
 
'yyyy/mm/dd hh:mm:ss を yyyymmddhhmmss に変換
strFormattedDate = Replace(Replace(Replace(Now(), "/", ""), ":", ""), " ", "")
 
'yyyymmddhhmmss 形式の文字列をダイアログに表示
MsgBox strFormattedDate 
スポンサーリンク