分かりやすく、使いやすく。

引数の数を取得する方法

スポンサーリンク

VBScript で渡された引数の数を確認するには Wscript.Arguments.Count を使用します。

サンプルコードは次の通りです。

VBScript(実行可能なサンプルコード)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
Option Explicit
 
Dim intArgsCount
 
'引数の数を取得
intArgsCount = Wscript.Arguments.Count
 
If intArgsCount <= 1 Then
  WScript.Echo intArgsCount & "個では引数が足りません。引数は 2 個必要です。"
Elseif intArgsCount >= 3 Then
  WScript.Echo intArgsCount & "個では引数が多すぎです。引数は 2 個です。"
Else
  WScript.Echo "引数は正しく渡されました。" & vbCrLf & _
               "第 1 引数:" & Wscript.Arguments(0) & vbCrLf & _
               "第 2 引数:" & Wscript.Arguments(1) 
End If 

このサンプルコードの実行結果は次の通りです。

D:\temp>cscript test.vbs first second
Microsoft (R) Windows Script Host Version 5.8
Copyright (C) Microsoft Corporation 1996-2001. All rights reserved.
 
引数は正しく渡されました。
第 1 引数:first
第 2 引数:second
 
D:\temp> 
D:\temp>cscript test.vbs first second third
Microsoft (R) Windows Script Host Version 5.8
Copyright (C) Microsoft Corporation 1996-2001. All rights reserved.
 
3個では引数が多すぎです。引数は 2 個です。
 
D:\temp> 
D:\temp>cscript test.vbs first
Microsoft (R) Windows Script Host Version 5.8
Copyright (C) Microsoft Corporation 1996-2001. All rights reserved.
 
1個では引数が足りません。引数は 2 個必要です。
 
D:\temp> 
スポンサーリンク