分かりやすく、使いやすく。

yyyymmdd 形式の文字列で現在日付を取得する方法

スポンサーリンク

ログファイルの名前などに使える yyyymmdd 形式の文字列を取得する方法です。後半では時分秒も含めた yyyymmddhhmmss 形式の文字列を取得する方法を説明します。

  1. yyyymmdd 形式の日付を取得する
  2. yyyymmddhhmmss 形式の現在日時を取得する


yyyymmdd 形式の日付を取得する

処理を実行した時点の日付を yyyymmdd 形式で取得するサンプルコードです。前 0 付きの月はアルファベット大文字の MM になることに注意してください。小文字の mm は前 0 付きの分になります。

PowerShell(実行可能なサンプルコード)
1
2
3
4
5
6
# 日付を年月日時分秒形式で取得
$formatted_date = (Get-Date).ToString("yyyyMMdd")
 
# 文字列を確認(yyyymmdd形式で表示されます)
Write-Host $formatted_date
 

yyyymmddhhmmss 形式の現在日時を取得する

処理を実行した時点の日付を yyyymmddhhmmss(年月日時分秒)形式で取得するサンプルコードです。時を 24 時間形式にする場合、 HH は大文字で記述します。hh と小文字で記述すると 12 時間形式になります。

PowerShell(実行可能なサンプルコード)
1
2
3
4
5
6
# 日付を年月日時分秒形式で取得
$formatted_date = (Get-Date).ToString("yyyyMMddHHmmss")
 
# 文字列を確認(yyyymmddhhmmss形式で表示されます)
Write-Host $formatted_date
 

書式に使用できるパターンは MSDN を参照してください。

参考:カスタムの日付と時刻の書式指定文字列

良く使いそうなものを以下に掲載しておきます。

書式 説明
yyyy 年(4桁) 2015
yy 年(下2桁) 00~99。2015年の場合、15。
MM 月(前 0 あり) 01, 02, 03 ~ 11, 12
M 月(前 0 なし) 1, 2, 3 ~ 11, 12
dd 日(前 0 あり) 01, 02, 03 ~ 30, 31
d 日(前 0 なし) 1, 2, 3 ~ 30, 31
HH 時(24時間形式、前 0 あり) 00, 01, 02 ~ 22, 23
H 時(24時間形式、前 0 なし) 0, 1, 2 ~ 22, 23
hh 時(12時間形式、前 0 あり) 01, 02, 03 ~ 11, 12
h 時(12時間形式、前 0 なし) 1, 2, 3 ~ 11, 12
mm 分(前 0 あり) 00, 01, 02, ~ 58, 59
m 分(前 0 なし) 0, 1, 2, ~ 58, 59
ss 秒(前 0 あり) 00, 01, 02, ~ 58, 59
s 秒(前 0 なし) 0, 1, 2, ~ 58, 59
ddd 曜日(省略形) 日、月、火、水、木、金、土
dddd 曜日 日曜日、月曜日、火曜日 ~ 金曜日、土曜日
スポンサーリンク