分かりやすく、使いやすく。

一時的に実行ポリシー(Execution Policy)を変更する方法

スポンサーリンク

一時的に実行ポリシー(Execution Policy)を変更するには、powershell を呼び出す際の引数に -ExecutionPolicy を指定します。

この方法を使えば、例えば通常の実行ポリシーは Restricted に設定しておき、処理を行うときだけ実行ポリシーを変更することができます。

実際に実行する際の例は次の通りです。

DOSコマンド
1
powershell -ExecutionPolicy Unrestricted c:\temp\test.ps1 

上記の例では test.ps1 を呼び出す際に実行ポリシーを Unrestricted に変更しています。

一時的な変更ではなく、実行ポリシーの設定を変更したい場合は、実行ポリシー(Execution Policy)を確認・変更する方法を参照してください。

スポンサーリンク